FC2ブログ

肘をぶつけてジ~ンとするぐらい痛いブログ

伝説の同人サークル「イケメン」の宣伝と、俺の生き様を見てろっ!

橋崎さんと二人で飲んだ。
いつも妄想ばかりだし、今日の出来事とかブログに書けって言うから書く。

ぶっちゃけ、すげー疲れた。

帰ってからブログに文句言うとか思われたくないんで、なるべく黒くならないように書きます。


彼は自分の事を語らない。
20年ほどの付き合いだが、今何の仕事してるのか、彼女いるのか、今どこに住んでるのかも言わない。教えてくれない。

別にそれはいいんだ。
秘密主義なのか、いい意味で適当で楽しい男として認識してるから、今更改めて聞かない。


だから必然的に俺の話が多くなる。

俺も、そもそもこのブログだって、自分の事を掘り下げる作業だから、俺の話をしてもストレスはほぼ無い。
将来や金の話だとしてもね。

ただね、飲みながらってのがいただけない。

俺は最近酒飲むとすぐ頭痛くなる。
都合のいいように思われがちだが、医者にもあまり飲まないように言われてる。



それでいて酔うと、より気を使うんだ。
酒の席って楽しくあるべきって感覚が抜けない。

ってのは、過去の失敗や悲惨な現場を見てるからね。
俺も酔って殴りあった事もあるし、世間では事件沙汰になる話も聞く。

親父やその友達とかも飲むと暴れるってのもあって、俺は子供のときから酔った人に対して萎縮しがちってのもある。

常に笑顔でいて、常に冗談かぶせ、常に相手の顔色伺うという意識だけが強くなる。
これが滅茶苦茶疲れるんだ。

その気遣いは俺の勝手なんだが、少量のアルコールでもここだけは制御できない。
飲むと誰彼かまわず殴りかかってく人もいて、それより無害だからマシだとは思うがね。


そもそも酔ってまともな話を出来るわけないんだから、適当に語らうのがベストと思っている。


俺も基本三枚目を気取ってるから、卑下したり茶化しながら話をするわけだが、
己を掘り下げ続けていくと、いつしか地に着く。
つまりどうにもならない、救われない本当の俺という人間が見えてくる。
(事実そうだし、みんなそうだろうが何もかもどうでも良くなってくる)

一人で鬱るのはオナニー的要素で、ある種ストレス発散だが、頭ぽや~んでの、外でのこの状態は辛いんだ。


はっきり言うと、少しでもアルコールが入った状態で、俺には良い事は起こらない。と断言できる。

だから酒を飲みたくないんだ。
「No Money」ってのは飲まねぇって俺の意志。

アルコールの関係はいらないとさえ思う。
彼ともシラフで遊ぶほうが楽しい。
子供の頃アホみたいな事して遊んだり、ファミレスで無意味に深夜に集まったり、唐突に温泉までドライブ行ったりしてた頃が懐かしい。


今も頭痛いんだが、
 酒のせいなのか、
 色々くだらない事を考えてるからなのか、
 ここでグチグチ書いてるからなのか、
それすらわからない状態だ。


まぁそれも、居酒屋だから飲もうって言ったの俺だし、
単純に酒を飲まなきゃ良かったってだけの話だが・・・
とまた気を使う俺の弱さよ。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2011/07/14(木) 23:04:13|
  2. 妄想地獄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<海の日 | ホーム | 流石に嫌になる>>

コメント

No title

ええ!?  のんでるときのことかいてるじゃん!
スロ事件をおもしろくかいてほしかたんらけろ  
こんどはさけなし ふあみれすであそぶおう!
俺の秘密。。。 ききたいの~~~??? うひ
  1. 2011/07/15(金) 07:47:23 |
  2. URL |
  3. t #-
  4. [ 編集 ]

No title

スロ事件・・・それは
2スロ常連というブサデブ臭眼鏡が、
初見の指出しグローブ爺と喧嘩したり、
自分のスロ台が出ないから店長呼んだりという、
マジでクソな底辺ストーリー。俺もビビッた。
  1. 2011/07/16(土) 00:01:07 |
  2. URL |
  3. 俺だよサーバインだよ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sarvain.blog111.fc2.com/tb.php/993-bd9ac687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ