FC2ブログ

肘をぶつけてジ~ンとするぐらい痛いブログ

伝説の同人サークル「イケメン」の宣伝と、俺の生き様を見てろっ!

生まれ来る子供たちのために

多くの過ちを僕もしたように
愛するこの国も戻れない もう戻れない

あの人がそのたびに、許してきたように
僕はこの国の明日をまた想う

ひろい空よ、僕らは今どこにいる
頼るもの何もない あの頃へ帰りたい

ひろい空よ、僕らは今どこにいる
生まれ来る子供たちのために 何を語ろう 何を語ろう

君よ、愛する人を守りたまえ
大きく手を拡げて子供たちを抱き給え

ひとり、またひとり 友は集まるだろう
ひとり、またひとり
ひとり、またひとり

真白な帆をあげて、旅出つ船にのり
力の続く限り、ふたりでも漕いでゆく
その力を与えたまえ
勇気を与えたまえ

--------------------------------------------------
31年前に発表されたオフコースの歌「生まれ来る子供たちのために」

ずっと前から好きで、何となくPC上で流していたら、なんつーか歌詞が今にしっくり来過ぎる。


地元で馴染みの議員「かばやまたかし氏」が自殺した。
小学生の頃から知ってる地元の議員さんだ。

それと直接関係はないが、あくまで俺個人の考えとしての話を・・・

まともな思想の持ち主である政治家なら、今の政治や社会情勢をどう思うか。

愛すべき国民、守るべき国民、金や資源よりも大事な国民。

子供ってのは単に小さいガキって意味じゃなくて、
将来という意味でのものとして、
偉いって事は加味せず、代表として議員の目から見て、
何を語ろうか・・・

この歌に答えは無い。
将来への道しるべも無い。

政治をしたいといったわけではないが、
この歌を聴いたときは、国の事を考えさせられる時間だった。

どんなに退廃しても、人間てのは生きていく。
いずれ滅び行く存在でありたくない。

たとえ俺に直接子孫が出来なくても、人類が続いてほしいと願う。
その心を大事にしたい。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2011/07/05(火) 00:31:36|
  2. 音楽への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<魔法少女フェアリーナイツ | ホーム | ラジオ会館>>

コメント

No title

樺山さん亡くなったのな。ニュース見てショックだったわ。
ご冥福をお祈りします。
  1. 2011/07/06(水) 00:46:06 |
  2. URL |
  3. ウサ山 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sarvain.blog111.fc2.com/tb.php/988-ccf2bb44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ