FC2ブログ

肘をぶつけてジ~ンとするぐらい痛いブログ

伝説の同人サークル「イケメン」の宣伝と、俺の生き様を見てろっ!

SOUL'd OUT

週一のトレーニング(筋トレ+マラソン)時に最近聞いてる音楽はSOUL'd OUT。
惜しまれつつも約二年前に解散になったが、俺はデビュー曲のウェカピポからファンだったのだ。

そもそもヒップホップとかラップとかを音楽と認めない俺がですよ?
好きな音楽はしつこい位の恋愛バラードな俺ですよ?
不良の音楽とか受け付けない俺よ?

なんつーか、そのどれもが違うんだな彼らは。
知らない人はyoutubeとか見てみれ。わかるからw

こういう系の他のアーティストは、大体メロディーが無くて、ただ韻を踏むだけの曲なんだよね。
そんでやれ誰をディスるだ、仲間や家族が大事だをほざいて、デトロイトメタルシティでもアホみたいに描かれてて……まぁ俺そういうのが大っ嫌いなんですけども。
彼らは違うんだなコレが。
めっちゃメロディーがあるし、なんか二次オタが好きそうなノリなんだよね。
これは三人の中で不良っぽくない人が作曲に携わってたからっぽい。

そんで歌詞がアホっぽいw
アラララッラッラ~とか、デベデベデ・デベデベデとか、ピョッピョッピョッピョッピョレリ~とか、
ぶっちゃけ何言ってんだかわからない。
だがそれがカッコいいんだ。めっちゃ中毒性あるし。

そんで日本語を大事に歌ってるのが個人的に好感持てるんよね。
海外から来たジャンルだから英語に憧れがあるのはわかるんだけど、それだとどうしても日本のヒップホップは格下になっちゃうんだよね。
俺的には日本語は世界で一番美しいと思ってるんだよね。
英語が流れるように曲に乗るのはわかるんだけど、サザンで日本語でも同等に曲に乗せれるってわかったからね。
そんでどんなジャンルにも合わせられる日本語を、彼らはこのジャンルにやってのけたんだから凄いと思うんだよね。

あと最近まとめサイトで見たけど、CDのジャケットが圧倒的にダサいw
あと格好も当時から一般人から見るとダサかったw
そんなところが逆にカッコいいんだよなぁ。説明が難しいなw
ただ俺がいつも語る、ただカッコいいヒーローがカッコいいことをするよりも、ダサい奴がカッコいいことをした方がカッコいい理論(そんな名前だったかは覚えてない)にめっちゃ当てはまるんだよね。
歌い方も、ダンス?っつうか振り付けもダサカッコいいw

そんで歌の難しさはピカイチですw
カラオケで基本何でも歌える俺が今のところ歌えないのは彼らだけw
人前では色んな意味で恥ずかしくて歌えないが、一人カラオケで練習しようと思っても歌えない。
マジ何時間もかけないとダメだなこれは……
でも聞いてるだけでこんなにハマるのも中々無いな。
だからマラソンが捗るんだわw
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2016/04/22(金) 03:13:58|
  2. 音楽への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

積水ハウスの歌

が好き。

なんだろう、この耳に残るメロディー。
50年前に作られたこの歌は、様々なバージョンを様々なアーティストが歌っている。

ノスタルジーそのものを起こしたような曲調は故郷を思い出させ、
ホームシックにかかった子供のように、泣きながら家に帰りたくなる。
住宅屋としては、ドンピシャな歌でしょう。

元からバラードが好きな俺は、年を重ねるごとにこういうのが染みるんですよ。

俺は東京生まれの東京育ちで、
親も同じだから田舎ってのが全く無いんだけど、
梅雨を一旦中断した今日みたいな日の夏の夕暮れは、
遠い記憶にあるような情景に思いを馳せるのです。



作曲は小林亜星。
めっちゃヒット多いのは知ってたけど、調べてみると出てくる出てくる。
CMという限られた時間の中で、こんだけ心に残す曲を沢山作るって、この人天才だな。
  1. 2015/07/13(月) 00:03:01|
  2. 音楽への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

村下孝蔵

「五月雨は緑色」なんですよ。
作詞センスに惚れる。
愛嬌のあるルックスと染みる歌声は、ザ・歌手という感じですな。

ヒット曲「初恋」をはじめ、めぞん一刻テーマソング「陽だまり」、晩年の会心作「ロマンスカー」。
どの曲も初めて聞いたのにどこか懐かしく、心落ち着かせつつも、曲が終わるころにはまた聞きたくなる。
そして、何回聞いても飽きないのですよ。

昭和のメロディーがねぇ、堪らないんだよマジで。
それくらい前の歌の方が俺的に落ち着くんですよ。

そして、この世代の男性の不器用っぽさと、実直で悩ましい恋の歌。
おそらく俺が女性に奥手なのも、こういう流れを汲んだ歌の影響も大きいのかもしれない。



youtubeっていいよねー、好きな歌手発掘できるわー。
まぁこの村下孝蔵さんは、15年前に亡くなっておりますけどもね。
でもこの人の曲を見つけられて、そして聞けてよかった。

死んでもなお人を感動させられる方って凄いし、いいなぁーって思いました。
  1. 2014/06/22(日) 02:18:08|
  2. 音楽への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歌洗脳

今の仕事は土日が休み。

朝起きたら家に誰もいなかったんで朝からオナニー。
略してアサニー。
健康食品的な語感だが、別に健康ではない。


そんで午後から秋葉
に行こうと小岩駅に到着すると、またも池田バカンス発見。

よく聴くと「池田~バカんさ~、バカになれ~」とも聞こえる。
何かの意味があるのだろうか。

さらに毎回メロディが異なっててね。
アレンジが効いてると言ってもおかしくない。


こいつは一体何なんだろう…
俺、今週5回も遭遇してるんだぜ。
しかも帰宅時間結構ランダムなのに毎回いるし、今日なんか昼間ですよ。

いっつも同じ格好で、何故か両手にレジ袋を持って大声で歌ってんだよ。
周りの人ももう慣れたのか、ビビらなくなってスルーしてんだよ。
一瞬、気が狂った俺だけに見えてるファンタジー的な存在かと思ったぜ。




んで秋葉到着。
んだけどなぁ。
アサニーしてると、正直魅力半減ってかね。
俺の場合、秋葉はエロの街だからね。

まぁ普通の漫画買って買い物終了。
その後、一人カラオケに行く。

ほんっと、俺の今の生きがいと言ってもいいくらいに楽しい。
斉藤和義の歌うたいのバラッドで高得点出て、歌いながらに歌詞にも感動したよね。


んで、
次の曲をセレクト中に、
ついつい池田バカンス~って歌っちまったのは秘密だぜ。
  1. 2014/01/18(土) 23:20:47|
  2. 音楽への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

hide

何年待ってみても
何も降って来やしないんだろう?

古ッ!


俺らの世代にゃかなり衝撃だったhideの存在。
ビジュアル、パフォーマンス・・・そして死。

死については自殺や事故死など様々な説があるが、
そのときに連続リリースされていたシングル3部作
「ROCKET DIVE」
「ピンクスパイダー」
「ever free」
の歌詞も強烈なインパクトがあり、
悪く言うつもりじゃなく芸術として出来すぎている、と当時の俺も思った。

こないだ一人カラオケでチャレンジしたが上手く歌えない。
これはもうセンスで歌うしかないんだね。

カッコいい飛び越えて、ほんとアートの世界とさえ思える。


っつーのは、小説家でも芸術家でも最終的には自殺ってパターンが多いじゃないすか。
ストイックなのか何なのか、俺には到底見えないところまで評価されると良い悪いはさておき、その境地にまで行ってしまうのか。


ビジュアル系が流行ったとき、メイクや歌詞に狂気を含ませるのがカッコよかったんよね。
要は中二病なんだが、どこまでぶっ飛んだことが出来るか?ってのを求めてたりもした。

それを見てきた俺とかその世代は、死んでしまったアーティストに憧れるわけじゃあないが、最狂のパフォーマンスだなって思っちまうこともあるのさ。

当然人間社会で自殺は悪で、宗教的にも大罪のパターンがほとんどだが、いわゆる自分から切り開くタイプの人間がこれをしちゃうと、アーティストから神格化されちゃうよね。
オタ的には、二次キャラと同一になったというべきか。


前ブログ記事の続きじゃあないが、俺がそんなのに憧れて誰かが死ぬ夢を見ているのかと思うと、ちょっとカッちょいいような、そうでもないような…どっちだよ。



まぁ怖そうな格好して、家族大事~みたいなラップのがよっぽど頭狂ってるとは思うけどな。


え?それさえも、すでに前時代って?


ガビーン・・・
ガボールスクリーン・・・最後に関係ない小室哲也かよっ!
  1. 2014/01/08(水) 23:19:19|
  2. 音楽への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

pixiv

FC2プロフ

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

02 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ