FC2ブログ

肘をぶつけてジ~ンとするぐらい痛いブログ

伝説の同人サークル「イケメン」の宣伝と、俺の生き様を見てろっ!

オタ冥利

自分が勝手に『小説の師』と崇めていた方と、現在ありがたいことに交流を持っている。
これほど自分が同人的なことをやってきて、良かった~と思うことは無いですよ。

今日は一緒に飲んできたわけなんですがね。

氏の作品は、全て感想文が書けるほどのファンでして、
さらに自分の駄文も見ていただいたってことで、なんつーか有頂天MAXなわけです。

そして趣味が合うため、お話しして尋常じゃなく楽しい。
(そもそも俺が氏の文章で形成されたところもあるが)


現在ちょっと酔ってるんですが、こんな気分のいい秋の夜はちょっと無いです。
いぇ~




で、別にこれを読んでくれてる人に言うわけではない事だがちょっと語りたい。
帰宅時に思ったこと。
俺如きが職人サイドに立って語るなんて痴がましい事だと思うが、自分自身への戒めだから許してちょ。


俺はコミケの一般参加暦は10年以上だが、サークル参加経験は少ないのですよ。

昔はいい作品、というか自分の中で好きな物を収集する/頭に入れることが、自分で納得できることだったんね。
それは決して間違いじゃないと思う。


映画を作る人は、まず映画が好きであることが前提である。(現状の映画かはさておき)
漫画を描く人は、同じく漫画好きでなくてはならない。
それは他の芸術でも、身体を動かすことにも共通することでしょう。

何かを組み立てる人は、それ自体に思い入れがないと出来ない。
これはもう必然というか、確実だと思うんです。

それに批判的、もしくは無反応な人間からは、良いものは生まれない。

まぁこれ、俺がゲーム製作の専門学校に行ってたときの、講師の受け売りなんですけど。
今になって思い出す・・・というか、はじめて理解できる。



さらに言うとそれはあくまで前置きであり、もっと言うと「やってみて初めて理解できる」ことだったと思うんですよ。

いくら漫画を読んでも、漫画は描けない。
いくら音楽を聴いても、曲は作れない。

ヘッタクソでもいい、とりあえずやってみる。
年齢なんか関係ない、それで凹んで諦めるならそれまでのことだったってこと。
他者との関わりも含め、持続して、上を向いて進む。

ここから始まった己の内面露呈。
過程で感じる葛藤、焦燥、そして充実感。

それは、書かなきゃわからなかった事だったと思う。

人生に置いて大いなる無駄道かもしれないが、それが己の本道と思う。
特に俺なんかはそう思う。


まぁその~、ぶっちゃけると、
色々作ったり考えたりすることは楽しいから、時間ある奴はやろうぜ!って話です。

当たり前だし、「なこた言われなくてもやってる」って人ばかりだと思うがね。


それでも俺は、まだまだ人とふれあいたいと思ってきた。
「ようやく回り始めた」と思った俺の、俺自身の理想オタク図。

楽しいわ~
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  1. 2012/10/24(水) 23:26:35|
  2. 幸せのカテゴリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すっげー福袋

今日は休日なんで、朝からスロット・・・しようと思ったら寝坊した!


で、10時半頃(開店から30分後)にスロ屋行くも、2スロ全台満席。

んー、まーいーやーって、そのまま秋葉へ。

いやー午前中の秋葉って空いてていーわー。
プラプラして、フォー(ベトナムの麺)食ったりして、一人で満喫。

で、前にも言ったフェチの店に行ったのね。
数日前にスロットで、2万勝ったから、気になってるリョナAVでも買おうかなと。

年末に10%オフのセールやってたから、またやってないかなーって思ったのね。

したらセールはやってないが、福袋があったのね。
DVD10本パックで一万円なんだが、よく見ると型番が書いてあんの。

で、店内物色してみると、俺の欲しいDVDの型番も福袋に入ってんだよ。

ほー
更に他の型番もチェックすると、去年欲しかったDVDがいくつか含まれててね。

こ・・・これは!
買いだ!


だが財布には8000円しかないの。

一旦店出て即行で銀行へ向かったんだが、昼前で客もいないし、そんなん売り切れるはずないし、
気づいたらダッシュしてた

大人がダッシュするってあんま見ないよな?

『え?何?
 なんかあったの?』
って思われてもおかしくない。


それほど欲しかった。
今日秋葉来てよかったー!



その後、自室で袋開けてみると・・・
KOF舞リョナAV ×2種類 →超欲しかった
FF7ティファリョナAV →すっげー欲しかった
SF2春麗リョナAV ×2種類 →かなり欲しかった
DOA霞リョナAV ×2種類 →どっちも持ってる
プロレスリョナAV ×3種類 →興味はあった
(全て一本定価8000円)
といった内容。

すっげー!
既に持ってたものはあるものの、欲しいものだけで5本もあったしな。
それだけでも40000円はすっから、すっげー得した~!

最高!マジ最高~!

楽しみが増えた反面、オナニーノルマが増えた~!
これは嬉しい悲鳴ですわー。
  1. 2012/01/13(金) 00:27:21|
  2. 幸せのカテゴリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結局二次元人間なんだよ

捕えたが白状しないクノイチに、
「お前が耐えるだけ、俺の楽しみが増えるだけだがなぁ・・・ひぇっへっへ・・・」
という台詞だけの声優をしたいサーバインですコンチワ。

悲鳴が嬌声に変わり、さらに悲鳴に戻すつもりです。

まぁいいです。



えー秋葉で同人チェックをしてると、
特に新刊も無かったため、ざっと眺めてたんよね。

そすっと、POPでコミケ数回にして壁際とか、
どんだけ売れてるとか書いてあんのよね。

みんな絵上手いしなぁ。
はっきり言うと、プロより上手い。(っつかデジタル処理)

でもなぁ、同人ってそんなんかぁ?
俺が憧れてきたのとはちょっと反れてきてると思うんよね。

下手同人作家の戯言と思ってくれて問題ないが、
そもそもオタとかは精神論であってね、
特に同人ってのは、その漢字通りの事だと思ってんよ。

俺らが子供の頃は、ファミコンとかのドット絵でオナってたりしたわけじゃんすか。
シチュというか、妄想っつうか・・・

漫画が想像力の低下を助長するから小説読めってのとは違うんですけどね。


何が言いたいのかっつうと、溢れる妄想パワーではっちゃけてる同人はあまり認められず、
絵が上手いだけの薄っぺらい同人だけが売れて、ネットで取り上げられる。

いや、取り上げられてもいいんだが、大体の馬鹿オタや新参はそこに入るんだ。
それに転売屋が加わって、その辺死臭がすんだよ!
敗れたオタだった残党のな!


なんで急にキレたような俺になってるのか、自分で意味がわかんないけどな。

まぁそのー、ニッチな作家が負けないように、
2chで叩かれてもへこたれないように、
っていうか俺が凹まないように、気合を入れたっつううか、そんなとこ。


そんな偉そうな俺が、次回の本のために、メモったアイディアをば少し・・・

・フェラり過ぎて歯が抜ける
・生理周期を読まれて襲撃される
・亀頭に小型カメラを移植して膣内部をモニタで見せる
・精神麻酔で気づくと妊娠している

とかね。

熱いっていうか、わけわかんないよね。
そうだよね。
  1. 2011/03/01(火) 23:28:18|
  2. 幸せのカテゴリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

対魔忍アサギ

まさかの実写化!
俺の好きなエロゲーが、AV化されたわけです。

最初は5年ほど前に、廉価エロゲとして発売された『対魔忍アサギ』
(主流のフルプライスのエロゲは5000円~10000円するのに対し、同人ルートを使ったこのソフトは約2000円)
その後、続編のアサギ2や、外伝、OVA化もされた。

当然俺は全部持っている。俺にとって理想のエロゲだから。

概要は・・・
最強の近未来くのいちアサギが、恋人を人質に取られて肉体改造される。
その後、闘技場でリョナられたり、輪姦されたり、オークに妊娠させられたりする。

中でもツボなのは、恋人が人質に取られた時点で、既にその恋人は殺されており、操り人形になっているっつうとこね。
絶望ENDが好きな俺も、最初から絶望って設定に度肝を抜かれた。

そこに妹くのいちサクラ、敵幹部でライバルの朧もエロ参戦。

ノーマル人間でないのをいいことに、ぐちゃぐちゃシチュエーション。
これは、ゾンビ相手だから何やってもいいってコンシューマゲームの設定に似ている。

精液飛び交うハード陵辱、神シチュリョナ、拷問通り越した改造。
何を言ってるのかわからねーと思うが、まぁそういうことだ。


そ・ん・な!
アサギが!
実写化!


まぁ俺の巡回スレではかなり前から話題にのぼってた。
だが秋葉では実際の発売日よりかなり前に入荷されることを、アクティブオタクの俺は知っている。
ってわけで先月末からほぼ毎日のように、秋葉のDVD屋をウロチョロしてたんだが、今月はじめに秋葉のある店で・・・
『明日入荷!さらにイベント4月10日!』

へ・・・へぇ~~
土曜っすか、俺バイトだね~

そして今日に至る。


ぶっちゃけると、仕事休んで行ったよね。
頭と腹と胃が痛いんで休みますつってね。(俺にとって最強の言い訳)
うっひょ~!

今日のためにDVDを3回見て、主演の青山奈々ちゃんのブログもチェックした。


DVDはすっげーよかった。
大手メーカーが本気で特撮AVを作るとこうなるんか!って思う。

だってさ、触手がうにゅうにゅ動きつつ、先端からビュービュー白濁液が出てるのね。
それが口内とか膣内に入るから、すげー勢いで零れ落ちるっつうね、まさにエロゲですよ。

あと本人も原作を意識して喘いでいたって言ってるけど、普通のAVじゃない悲鳴なんだよね。
アヒィイイイイ~~~ッ!って感じの。
これもエロゲですよ。俺大好き。

さらに原作の売りであるアヘ顔もガンガン出してくんですよ。
寄り目、白目で悲鳴大絶叫のド迫力です。

そんなアサギ役の青山奈々ちゃんは、超巨乳のバスト99センチIカップ。
さらにデカパイにありがちな汚い乳首じゃなくって、色も形も綺麗な理想乳。
それこそ現実離れした二次元キャラみたいな感じで最高でした。

いや~最強によかった。


そこまでテンションあげての、今日の握手/撮影会。
仕事休んで行った甲斐があったってもんです。

そんな俺の2ショット写真が、これだ!

ワン・ツー・スリー↓↓↓

asagi

奈々ちゃん「どんなポーズがいいですか?」

俺「な・・・なんでもいいです(ごにょごにょ)」

奈々ちゃん「じゃ、ケーキ入刀でいきましょ」

俺(うひょひょ~)

DVD内だとイラマチオはじめハードプレイの嵐なのに、明るい彼女に惚れそうになっちゃったよね。
よくよく考えるとイベントだから明るいのは当たり前なんだが。


そんで握手。
おっぱい大きい人は手も大きいって勝手に思ってたけど、そんなわけなくて手は小さくやわこかったです。

握手がてらちょっと喋る。

俺「ぼ・・・僕、特撮AVとか好きでよく観るんですが、このアサギが一番良かったですぅ」

奈々ちゃん「ほんとに? GIGAよりも?」

GIGA知ってるんかい!
(GIGAって特撮専門のレーベルで、俺がよく行く秋葉のヒロイン研究所のとこね)

っていうか大手といえども、GIGAを意識はしてたってことか。
まぁマジにGIGA作品よりも良かったんだが。

俺「GIGAよりも良かったですぅ」

奈々ちゃん「ほんと~? うれし~」

周りのスタッフ「ありがとうございます!」

スタッフが言うってことは、マジ意識してたんだなってわかる。
GIGAスレだと、結構大手他社メーカーが作る作品と比較されっからな。
ひょっとすると、スレチェックまでしてるかもしれんな。
実際スレからAVが企画されて、発売されたこともあるし。


そんなこんなで、ポスターとサイン入りDVDジャケットをもらってイベント終了。

ひさびさの握手会だったが、やっぱ楽しいやね。
共感してくれる人はいなかろうけど全然いいのさ。
本当に楽しかったし、これからまたそのAVを観るたび思い出してテンション上がるからな。

陵辱観るたび思い出せ!
  1. 2010/04/11(日) 00:25:02|
  2. 幸せのカテゴリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

貧乏を楽しむ

今俺は、学生時代くらいに貧乏である。
月収は一年前の正社員時の半額であり、4~5年前スロットで常勝していたときの1/3である。

稼いでいたときは贅沢三昧だった。

無駄に一人暮らしというか別宅アパートを借りて、そこに等身大ドールを置き、コスプレさせてはテンション上がってコスチュームをボロボロにして廃棄とかね。

食い物も贅沢三昧で、予算とか考えずに食いたいだけ食い放題。
高い=旨い?って先入観が頭から離れず、味わった記憶もあんまりない。

そして何でも買い放題だった。
ショッピングというか、無駄に浪費することがストレス発散になっていた。
挙句、時間が無いために、ゲームソフトを新品で買ったのに封も開けなかったり、漫画全巻買い揃えてるのに読まなかったりと、オタクにあるまじき生活をしていた。

これを収入に従い大人になったと取るか、初心を忘れて嫌な人間になったと取るか・・・



俺は後者と思った。

学生時代に、お金を貯めてギリギリ買えたゲームの面白かったこと・・・
漫画は作品としての主張を心に刻めていた。
エンタープライズとしてのオタメディアが確かにあった。

単純に言うとお金のありがたみ。
これがパワーともなり得て、制作欲にも繋がっていた。


そもそも一般の暮らしは、一日何十円って単位で節約して、それを積み重ねて家族が形成されたりして、幸せってのも作ったりしてるわけだろうしね。


最近はまた最安値を探す探究心とか、製作サイドが決めた値段の意図を探るようになった。
昔と比べても思慮深くなり、買い物や商売だけでなく、創作スタンスにも役立つものと自負できる。
それが俺なりの理想のオタク像。

浪費しつづけても拭えなかった空虚感が埋まっていく。
それは懐古趣味ではなく、元来の目的。根本的な必需性。初心。
スタートラインに再び立つことができた、不況/デフレに感謝の心が表れたりした。
俺は今、貧乏を楽しむ。
  1. 2010/02/03(水) 00:39:35|
  2. 幸せのカテゴリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

pixiv

FC2プロフ

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

02 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ